2017年07月26日

この世界では、ただひとつだけが正しいのではない。

心ない言葉に傷つく必要はない。

その言葉は「相手の価値観の中」から生まれたものにすぎない。

その一言で「あなたの価値」が決まるわけではない。


それぞれに
いろいろな設計図があるから

自分で人生をつくっていこう
と言っても

何をしていいのかわからない人も
自分では決められない人もいる。

そういう人は
夢を追いかけている人を通して(応援することによって)
自己実現を果たしたり

人との関わりの中で自分を見つけていったりする。



「思いやり」と言っても

「思いやり」を表現するのには
様々な形があって

相手のために「何かしてあげる」ことが思いやりだと思っている人もいれば
(わかりやすいしね)

「何もしない」思いやりもあるという人もいる。


見守る、好きなようにさせるような
思いやりは
わかりにくくて
時に(わかりやすい方を好む人には)
「冷たい」とか「思いやりがない」とか言われることもある。

わかりにくい方を好む人は
わかりやすい方を
「押しつけがましい」とか「よけいなお世話」のように感じたりすることもある。


でも
それぞれの中で
確かに
それは
「思いやり」として存在していて

どちらを好むのか
ただそれだけのことだったりするので


どちらかが正しいということなどないので
(自分の立場から、どちらかが正しいと思いがちだけれど)

たとえ
相手が
自分の立場から正しさを主張して
あなたを否定してきたのだとしても

必ずしも
片方が正しいということなどないと知っていると

少しは楽になれないだろうか?

そこでムキになって
反論しなくても、自分を主張しなくても(不毛)


それはそれ

自分は自分


それぞれは違う

と思っていれば
(自分には別のいいところがある、と知っていれば)

落としどころが
見えてはこないだろうか?

自分が傷つくのを
防ぐことができるのではないだろうか?

それぞれの善いところは違う。
表現方法も違う。

私には私のいいところがある
と認めてあげてほしい。


ひとりひとりが
求める愛情の量と質は違う。

何を求めているのか

何を求められているのか

理解しあえれば

もう少し

違った共存に
ならないだろうか?


相手に見るものは
自分の中にあるものだったりする。
自分がどんな一面を観ているのかだけだから。

自分が見ている一面が
相手の本質とは限らない。

思い込みで見つめることがほとんどで

だから面倒な(わかりあえない)ことになる。

個人は深遠で
わかりきることなど
できないのかもしれない。


であれば

その人の
よい面を探すのが
なによりの
解決法だと言えるのではないだろうか?


人はいくらでも
変われる。

善い面を見つめれば見つめるほど

浮かび上がってくるもの。


それでも
嫌だと感じることが多いのならば

「関係性」を考えた方がいいのかもしれない。



離れてはじめて見えてくることや
離れたことにより相手の態度が変わったり
自分の心にも余裕ができて
優しくなれたりすることもある。

この世界では、ただひとつだけが正しいのではない。
あらゆるものが用意されているところだから。

どれを使ってもよくて
どんな体験をしてもよくて

それを通して
自分はどう在りたいのか

それが
問われている。


precious-1199183__480.jpg




あなたは
他者に
どんな一面を見出だしているのだろう?

それは
そのまま
自分を表している。


他者評価は自己紹介(笑)


自分の品格が浮かび上がります。




posted by Kaoru at 06:57| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする