2017年07月20日

総てを受け入れる

自分の人生を
総て受け入れるとき

ストーリーは始まる。


pray-1639946__480.jpg



本当の人生が始まる(本当の自分を生きる)のは、それから。


口でどんなに
わかっているようなことを言っても
頭で理解していようとも

それが
できているか

どんな言葉を発しているのか

どう行動しているかで


すべては決まる。



一見受け入れられているように見えても

本当の心が反発していては

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるかのごとく
事態は動かない。


受け入れているようで
受け入れられていない

ということも
よくあることで
(全力で目をそむけているから見えない)


時に
饒舌になるのは

必死に
自分をごまかすためだったり

取り繕うためでもあったり


・・・でも
それでは

何も変わらない。


本当の自分に向き合うのは
痛みを伴うこともある。

認めがたいものを見なければいけないこともある。

だから
なかなか見えないし
認められない。

でも
それを受け入れてこそ
(ホントはこうしたかった。こうでありたかった。でも、今はこうだ。という、そのギャップも)

今の自分を丸ごと受け入れて
それでもいいと赦して

この自分で生きていく。
と覚悟して(受け入れて)

やっとストーリーが展開していく。


自分や
自分に起きていることを
否定したままでは

どこか別のところに逃げ場(都合のいい理由)を探しているのでは
(こんなはずじゃなかった、と思ったままでは)


進めないようになっている。



でも
いつでも
リスタートできるようになっている。

遅いということはなく
ただタイミングがあっただけ。


すべての魂に
それぞれの計画があるのだと

自分には自分の選んだ道があるのだと悟り

ただ
自分の道を行く。

今あるものに満足(感謝)して
生きていると

そのような人生になっていく。


「望む」のはそれからの方が
ずっと走りやすい。


「受け入れる」
「覚悟する」
「逃げない」

どれも同じことだけれど


その心境になって
胆が据わると


とたんに景色は変わる。


いとおしさがあふれてくる。


全力で否定していた自分を受け入れたから。

大概のことなら受け入れられるようになる。


本当の自分をまっすぐ見つめる強さが

あなたを美しくする。



angel-2403401__480.jpg




そんなあなたの上に
奇跡は舞い降りる。




posted by Kaoru at 00:03| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする