2017年06月30日

ユニバーサル ワーク

今日は、夏越の大祓ですね。

スーパーで、さくらんぼを買おうかどうしようか悩んで、別の果物を買った私(笑)
家に帰ったら、
知人からとれたてサクランボをたくさんいただきました(*^_^*)

DSC_0580.JPG
やまもり1パックがあっという間になくなりました(笑)

これも、姫ね
あまくておいしかったです。
ありがとうございます(*^_^*)



「ユニバーサルデザイン(UD)」
この言葉を、聞いたことがあるでしょうか?


しょうがいを持つものだけでなく
健常者も
高齢者、こども、女性、男性、
文化・言語・国籍・性別・年齢・能力の有無などを超えて
すべてにとって使いやすく、誰でもが利用することのできる施設・製品・情報の設計(デザイン)のことです。

たとえば

外国人でもわかる絵文字による標識とか

ヒールや杖先がはまらない、幅の狭いグレーチングとか

子供でも車いすでも大人でも押せる高さの(高い所、低い所、2カ所にあるものも)エレベーターのボタンなどもそうなんじゃないでしょうか。


あらゆるものに公平で
全存在にとって使いやすく

生きやすく

自分らしくノビノビ・イキイキと

生きられるような

そんな世界。


根底に流れるものはもちろん「愛(優しさ・思いやり)」。


そんな思いをこめて。

そのための活動を
「ユニバーサル ワーク」と呼ぶことにしました。


勝手に構築していきます(笑)



身近なところからの、共生。

そんな世界を、今ここ、足元から、創っていきます。




posted by Kaoru at 08:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする