2017年05月15日

求めなくなった瞬間にあらわれるもの

さすが、蠍座の満月、でした。

つかえがとれたような、
クリアになったような、


そうそう
そんなことを象徴するような夢を見ていました。


水星も順行に転じましたしね。
でも、やっぱり蠍座の満月の方が大きかった(私には)。

意図せず
自然にハラリと
脱皮できたような感じです。

そうとは知らず、
そのような発言をなさるかたもいて。

知らなくても
宇宙線は
浴びていますから

目に見えなくても影響は受けていますよ(*^_^*)


やっと
落ち着いた感覚が戻ってきたのではないでしょうか?


または、ゴロリと何かがとれて
スッキリしている、とか。

大きな浄化につながるような糸口を見つけた、とか。

それも、自分に起こったことを通して
なぜか「ふとわかる」、というような。



求める

ということは

そこに穴ができる


穴ができるから

求めてしまう



もともとエネルギーはそこにあった

最初からそこにあった


「ない」と思っているのは

いつの間にか思い込んでいた幻で



「ある」と知ること



外側に求めた瞬間に
内側にできる穴


その穴を埋めるには
外に求めないこと


こうして欲しい
こう扱われてしかるべき

ほんのささいな言動に見え隠れする思いのすべて

その微かな波動に
敏感に反応する対象がある。


自分の目には
相手発信に見えるかもしれないけれど

最初にそれを刺激したのは
自分の方ではなかったか?

相手を変えたのは自分ではなかったか?


なかなかこの部分に気づくことは難しい。


まず自分のせいではないと思い込んでいるから。


そこに何もなければ
反応するものもない。


ただ
愛と感謝がある


その空間に
なにが存在しうるか?


愛と感謝のみ。


その心でいれば
自分の言動が変わるはず。
(自分のものにするまで、訓練・意識して実行することは必要ですけどね)




「求めない」ということは

最初から在ったと気づくことなんだ。


「求めすぎてた」自分に気づくことなんだ。
満ちていた自分に気づいたうえで。求めているのにそれを無視して求めないこととは違う)


「私は私の人生に満足しています(*^_^*)」

サッパリスッキリ行こう!

そこから、新たなものが積み重なっていくから




posted by Kaoru at 07:35| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする