2017年05月31日

魂に埋め込まれた「約束」

久々に

思春期に夢中になって読んでいた本を
何気なく手にとって読んでみたら・・・

あの頃の情熱が戻ってきた(笑)


あのとき
おもしろいと思って読んでいたものは
今読んでもやっぱりおもしろい。

ひきこまれます。
そして、やっぱり、きゅーっとします。

近頃では
甥っ子にしか
きゅんきゅんしなくなっていたけど(笑)

まだ、きゅんきゅん力(?笑)が残っていた自分を発見(^_^;)
(恋愛感情とかではなく・・・グーっと惹かれる考え方・意識、純粋なものに反応するもの)


しんそこ。
「こういうのが好きなんだ!」
「こうなりたいんだ!」


と、再確認。


過去の自分と今の自分のギャップも感じます(笑)


もう
心が動かないものも、ある。


でも、

瑞々しい
あのころの
若い心は

まだ、健在でした(笑)


ふたたび

目的地設定です。


今は

大人なので

あのころよりも

どのように進めばいいのか
少しわかるようになっています(笑)



あのとき

望んでも

叶わなかったこと

そして

叶ったこと

それらを見比べてみると


叶わなかったことには

今は魅力を感じていなくて

やっぱりそれでよかったんだと
心から思える。


そうとは知らずに

自分は
最適な選択をし続けてきていること。


今ふたたび

心に明かりが灯ったこと。


(それは、過去、鮮やかに輝いていたものだったけど)


心のままに
生きている人を見て

思い出した。

自分にできる最高のことを
ご縁のある人にやり続けていることを知って

思いを強くした。


純粋な
誰かを幸せにしたいという思いは

そっと
心を救う
ふたりだけの秘密は


そこからが始まりで

同じ思いで世界と繋がると
そこには

見えないちからが働くようになっている。


たったひとりに伝えたかったことが

いつの間にか

たくさんの人に繋がっていた。




posted by Kaoru at 21:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

そのまま聴く

上司:「この書類、早くまわしてくれる?」
部下:「はい」


これだけの会話。

これだけの会話の中に
幾とおりもの解釈があると考えたことがあるだろうか?
(すみません、ヒマジンなんです 笑)


たとえば


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(確か、今日は、午後から出張って言ってたな。じゃ、早く処理しなくちゃ)


この( )の中が
100人いれば100通り(^_^;)


他には


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(遅いな。もっとチャキチャキやれよ)
部下:「はい」(あ、忘れてた)


という場合や


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(クライアントが待ってる、急がなきゃ)
部下:「はい」(今、やろうと思ってたとこなのに。せっかちだな・・・)


という場合もあるかもしれない。



上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(はっΣ(゜Д゜|||) 私の仕事、遅かった?! わー、どうしよう、迷惑かけてしまったー!)


言う側が何も思ってなくても(自分の都合で言ってるだけでも)
受けとる側が事実以上に自分にダメ出しをしていたり


極端な話


上司:「この書類、早くまわしてくれる?」(今日は、会社にいるのが午前中だけで、午後から出張だから)
部下:「はい」(仕事ができないヤツ、と思われた! >_<)

勝手に否定された気分になっていたり
逆恨みに近いことを考えてみたり・・・などなど

自分の心についた癖で
こんなにも( )の中が複雑なことになってしまったりすることがある。

否定されて育ったり
ネガティブなことを言われ続けたり
自己評価が低いと
悪く受けとりがちで

いちいち気にする「めんどくさいやつ」(表現が悪いかしら)になってしまう(^_^;)
(そしたら優しい人はいちいちフォローしてくれるから、それもめんどくさいことにしてしまっている)


そのままで聴けば
なんでもない言葉を
(事務的会話で済ませられることを)

自分に対する愛のなさから
否定的に受け取っていると

その人にとっては

世の中はさぞ生きにくいところであろう。


だから
自分を愛する

つまり
自分で自分を認められている
ということは大切で

多少の悪意でも
跳ね返せるくらいに
自己肯定感が強いと
楽なのにね。


なんなら
どんな悪意でも
いいほうに解釈して
勝手に
「気が利く人だなぁ」とか
「優しい人だなぁ」とか
「ご親切に、教えてくれてありがとう」とか

思ってるくらいが

自分の世界は平和なのかもしれない
(解釈次第でいい人しかいなくなるから 笑)


( )の中は
往々にして
思い込みや刷り込みであることが多い。

相手の思惑とズレていることも多い。

その考え方のズレが
実際の関係性の中でも大きなズレをつくる。

だから
お人好しと言われても
オメデタイと言われても

いいほうに信じる方が

結局は

自分が生きるのが楽になるのだと思う。

いつのまにか
いい人だらけになるから(笑)


普段から
どんな聴き方をしているのか
少し意識してみてもおもしろいかもしれません。

いかに
言葉にいろんな感情をくっつけて聴いているか
(同じように「起こったこと」にも自分の解釈をくっつけて見ているか)

笑っちゃうくらいに
思い込みがあるから。

そのまま聴く。
心の中がスッキリしている人は

言葉をそのまま聴いてくれます。
(あるいはいい方に)

そのまま聴けば何でもないことが
固有の感情がくっつくから複雑になって
時にケンカになったりもする。


自分が何かをくっつけて受け取っていると気づいたら

次は

何もくっつけずに
そのまま聴く練習をしてみましょう(*^_^*)

だんだん楽になってきますよ




posted by Kaoru at 13:00| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

望むところに繋がる方法

もっとも確実で
簡単な方法は



今自分が大切に思うものを大切にして

目の前のことを精一杯(丁寧に)
できる範囲でかまわないから
やり続けること


です。


今現在に注ぐエネルギーは
未来に繋がっているので

当然と言えば当然、月並みなことですが

目の前のことに
心をこめることで、「よきところ」に繋がるのです。


今の職場に注いだエネルギーは

次の職場に繋がっています。

転職の予定がない方は

よき顧客に

よき上司に

よき企画に


とにかく


「よきところ」に
繋がるようになっています。



今やっていることは
自分の望みとは全く関係がない


そういうこともあると思います。


でも、全く関係ないと思っていても

「今」にしっかり良質なエネルギーを注いでいれば
ちゃんと繋がるんです


そして
自分らしくなくいたとしても
ネガティブな思いが自分を苦しめていたとしても


自分にとって
自分らしくいられる道へと

ちゃんと、道しるべは出ているものです。


その道しるべをたくさん増やす方法も
それに気づくようになる方法も

日々のこと、
目の前のことに

心を込めて向き合う

たったこれだけの方法で

満ちてゆきます。

日々のことに丁寧に向き合うから気づくことが増えるのです。


「望み」という「型」に
自分の注いだエネルギーが充填され

完成(現実化)します。

どんな素材を注ぐかで
どんなものが出来上がるか決まります。

添加物たっぷりのものか
栄養に満ちた天然素材たっぷりのものか

それは自分が注いだエネルギーの質によります。


もちろん波動が変われば
仕上がりも変わるわけです。


仕上がりを変えたければ
最初の波動を変えるのがいちばんです。

動機・志・気持ち

を、変える。


あとはそれを保つ(続ける)だけ。


日々にどんなエネルギーを注ぐかで、未来は変わってきます。


常々
自分がどんな想いを抱いているかで

自分が変わります。
(表情やかもし出す雰囲気なども)


どんな自分・人生をプロデュースしますか?




posted by Kaoru at 13:00| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

自分をフル活用

矛盾して聞こえるかもしれませんが

誰かや何かに安易に自分を委ねるのはやめて
自分で人生を創っていく

その姿勢も大切。
(自分の感覚を大切にするという意味で)


けれど


あらゆることをやりつくして

それでもどうにもならなかったときは
運を天に任せる

どうにもならなくなって
プロフェッショナルの手を借りる

そういうことも、あってもいい。
(人智を遥かに超えた何かもあるので)


要するに
そこらへんも「バランス」の問題で

何もかもを
自分でやろうとするには
大変すぎるし

何でもかんでも
運任せでは

なんだか自分をフル活用できていないような気もする。



自分の感覚を大切にしながら
他者とも調和する


そんなところを目指せるといいな。

自分の感覚を否定されたからといって
自分まで自分の感覚を疑うのは悲しすぎるし

それでも

「私はこう思うし、こうしたい」を
大切にしてほしいと思う。

ひとりひとりに素晴らしいところがたくさんあるので。


それが他者と違っているからといって
どちらかが間違っているということでもなく

ただ
好きなものが違うだけ。

価値観が違うだけ。

誰が悪いのでも間違っているのでもない。

(でも、違うって、ちょっと淋しく感じるけど・・・)

ピタッと合う人もいるわけで。



ハッキリ言えることは
自分の感覚の中に
自分にとっての宝物は託されているから


なによりもまず

自分の感覚を大切にしてほしい。


それが
自分にとって自然な表現で

真理であるならば

そこには調和が生まれる。

穏やかさが現れる。


たとえ摩擦が生じても
それは
自分の外で起きることとなってくる。


ただ自分であるだけ、というシンプルな状態。


目に見えないちからと調和しながら
自分を創っていく。

センスのよさというか、
バランス感覚が大切なのです。




posted by Kaoru at 21:48| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

本質はそのままで輝いている

明るい見通し(希望)があれば
人はがんばれる。

DSC_0549.JPG


理解者がいてくれれば
それだけでがんばれる。

DSC_0546.JPG



自分を奮い起たせてくれるものは何だろう?


DSC_0547.JPG



落ち込むこともあってもいい
何もする気が起きないときは何もしなくていい
(1日くらいサボったって死なない 笑)


でもそんな時

自分を奮い立たせてくれるものは何だろう?


心がふたたび輝きを取り戻すようなことは?


それがあると、人は強い。

やりがい
生きがい
使命感

何でもいい、

自分を奮い立たせてくれるもの。


心底

「そうしたい」と思うこと。

自然に望むこと。



自分が調うと

自然に望むことが生まれる。
そして現れる。


なぜか
そうしたくなるし
どこかしらかエネルギーがわいてくる。

自然発生的なもの。


なぜだか、そうなること。


たとえ
調子が悪くても

一時のもの、と
流せて(今に集中できて)

やり過ごせればそれでOK。

しばらくすれば
また好調子になるから。



幸も不幸も
同じ心で受け止めて。

(幸も不幸も同じものだから)


ジタバタしてもいい

それを見せたくなければ見せなくてもいい

どうしようもなく
そうしてしまう自分でいい。

そのように、生まれついたのだから。


誰もが
「自分として」生まれついた。

ワケあって。


それを慈しみましょう。


タイミングが来れば
手放せるときは手放せるし

行けるときは行ける

行けないときはなぜか行けないし

気づくときはなぜか気づく。


そんな、魂のタイミングを大切にしながら

日々を自分の喜怒哀楽で満たしていくといい。

どれかひとつを抑えると他の感情も一緒にダウンしちゃうから

どんな感情も現れるに任せて。
それこそがあなたのいろどり

受け身でいながらも能動的に。

「こうありたい」という自分で。


ハッキリ意識する(望む)と
また現実が変わるからおもしろい。

そんな遊びも楽しみつつ(笑)

自分に自信(確信)が持てるようになればなるほど
できることが増えていく。

だから
自分を奮い立たせて磨いていこう。




posted by Kaoru at 22:44| Comment(0) | ソラサプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

昼間の晴れと夕の雨

DSC_0548.JPG
弥彦山。


今日はお天気がよくて、
掃除・洗濯が気持ち良くできました(*^_^*)

甥っ子ちゃんを迎える準備も着々と( ´艸`)

あとはひたすらホロスコープ作成。


サクサクの1日でした


気持ちがいい(*˘︶˘*).。.:*♡

夕方になって
雨が降ってきて。

植物も気持ち良さそうです。


午後から
Exciting!なお誘いが ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

今からワクワクです


自分の内側を調えれば
現実世界もうまくいく。


自分を高めれば
求める人が現れ

自分を深めれば
表現する舞台は用意される。


日々、自分づくり、修練です(*^_^*)




posted by Kaoru at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月25日

不安や心配のエネルギーの先にあるもの

不安や心配は

時に自分を軌道修正させてくれたり
新たな選択肢を与えてくれたり
揺さぶって成長させてくれたりするけれど

時に

不安や心配は

不信や疑いに通じる。


不信感や疑いのエネルギーは

思っている以上に
相手からエネルギーを奪っている


本来のその人らしさや
本来の能力を奪っている


「信じる」

それだけで
相手がいかにイキイキ生きられることか。
のびのびと能力を発揮できることか。


人は人の期待に応えようとする。

必要とされてがんばる。

心配であるがゆえに発した言葉が
否定的なメッセージとして相手に伝わってはいないだろうか?


いきすぎる心配は
相手を圧迫する。


相手には相手の行く道があると知った上で

できることをできる範囲でやってあげる。


魂はそれぞれに
自分のいのちの流れを生きている。


心配しなくても
その流れを自然に生きるもの。


大丈夫。




posted by Kaoru at 22:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

身体は地球の一部であり光でもある

身体が必要としているものを与え
健康を維持して
感覚を磨いていると

現実を生きる力が強化されます。
それは願望達成力(目標に向かって着実に実行する力)にもつながっており

着実にそれに向かうことで
少しずつ安定していきます。

そうすると安心感が高まり
自分の人生に豊かさをもたらす
様々なチャンスが自然に集まるようになるので

自分への肯定感も深くなっていきます。

すると

身体そのものが
高性能なアンテナとなり

ジタバタしなくても
人生は展開していく(向こうからやってくる)と
信じられるようになります。
(そういうことが起こるので)

同時に心の安定も得られますから
自分自身がもっとも頼れる存在となっていきます。

宇宙の神秘と同じ素材で
自分も構成されていると知ることは

この身体で今をしっかり生きることが
目に見えないエネルギーの可視化だと知ることと同じです。

健やかな身体は

いろいろなことを教えてくれます。

健康であるのがベストですが

病があっても
身体をいたわることで感度は増します。
(今ある身体は魂の表現にとってふさわしいものです)


身体を大切にすることで
現実世界も豊かになっていきます。


頭の中の夢や希望を
現実世界に
形として現してくれるはじまりはこの身体です。

どんな理想も
身体を通してやって来ます。


この世界に生きている以上
(身体を持っている以上)


物質であること(形をとること)は避けられず
そこを無視しての願望実現(目標達成)もありえません。

目に見えないものは大切だけど
それだけでは不十分で
(形あるものを無視して存在することなどできないから)

両方がバランスよく活性化しているのが好ましいのです。

それは現実生活を丁寧にすることで安定します。


丁寧に過ごすと
そこに良質なエネルギーが注ぎ込まれます。

荒々しく過ごせば
トゲトゲしたエネルギーが。


見えないものから見えるものまで

すべては繋がっています。

身体を大切にすることは
自分を愛すること。

満ち足りているから
感覚も繊細になり
いろいろなことに気づくようになります。

自分を愛せているから
他の存在も愛する余裕が生まれます。

このように心が安定すると
前を向いて歩けるようになります。

どんな嵐にも対応できるようになっていきます。


自分を愛することは
人生を愛すること。


だから
たくさんのことが
叶ってゆく。


自分の感覚を大切にしてください。
身体を大切にしてください。

誰に何を言われようと

自分自身の感覚を大切にしてください。

あなたの人生のオーナー
他の誰でもない、あなたなのだから。




posted by Kaoru at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

神業的瞬間

人生の中には奇跡のような瞬間がある。


それは
自分の意思だけではどうにもならなくて

なるべくしてなった、というような

正に
「神に選ばれた瞬間」としか言いようのないくらいに完璧で


ハタから見て

奇跡的なだけに、羨ましく見えても

当の本人には
むしろ葛藤があったりして

その状況は他の人から見るほどには
すごいことではなかったりする場合もある。


特に
本人にとっては
「自分に起きたこと」なので

そんなにすごいとも奇跡的とも思ってなくて

その時は
ただただ精一杯で

なんだかそうなったという感じで

起きたら起きたで

その後大変なこともあったりして

起きてからが長かったりするので

大きな刺激を受けたことで
その後の人生が色褪せてしまったり

変に
また望んでしまったり(でも得られなくてフラストレーション)

ということもあるのかもしれない。


でも
死ぬまでは人生は続く。

そのほとんどが普通の生活で

それでも「生み出し続ける」には
エネルギーが必要で

他の人から見えるのは
ほんの一角に過ぎなくて

それがキラキラしていたのだとしても

その頂点を支える
土台の深さが大切で

その土台があるからこそ
輝ける頂点もあるのであり。

自分にとってのやり方で
土台にエネルギーを注ぎ続けていると

ご褒美のように

キラキラの奇跡に出会うことがある。



土台が深まれば深まるほど(豊かになるほど)

頂点の輝きは増す。




DSC_0545.JPG
多賀大社にお参りに来ました





posted by Kaoru at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

自分の波動をチェックする方法

自分のことはわからないもの

なぜなら

無意識(無自覚)でいることも多くあるから。


でも

自分の状態をチェックする方法があります。


・自分がどんな言葉を使っているか
・どんな言葉や起きたことに反応するか
・心の中が、どんな感情にあふれているか、などなど


表面的には穏やかで平和的でも
心の中が荒れていることもあります。

心の中の状態において
ネガティブな割合が高ければ
残念ながら波動は下がっています。

意識して明るい言葉を使おうとしても
違和感があってしっくりこないこともあります。

そんなときは
波動にズレがあります。


ズレのない人は

・自然に明るい言葉を使えている
・心の中がスッキリしている
・さわやかである

とにかく、スッキリ爽やか。
発言もあたたかく思いやりに満ちてユーモアもあり
人のことを悪く言うこともありません。


フットワークが軽く
イキイキした印象を与える場合
波動が高いと言えましょう。


波動の高いものに触れると
自分の状態(自分がどこらへんにいるのか)がわかります。

高い低いをあまり気にするのではなく(コロコロ変わるものなので)
低いと決めつけて
ただ落ち込むためでもなく

自分の状態に
「自分で気づく」

そして
「気づいてどうするか」というのが大切です。


そんなときもあるさ

と、自然に調うのを待つのもあり。
(一見「下がっている」を体験して真に大切なことに気づく必要がある、なんて場合もありますから)
意識的に上げるのもあり。

下がっているとき(下がりつつあること)は
ほとんど気づかずにいるもの。


なんだか重い

気分がパッとしない

楽しくない


だから
今そうなっている

の、ループ。



そこから抜けるには
まず笑顔から。

作り笑いでもいいから。

(自分の表情も心を映し出していますからヒントになります)


上げようとしても上げようとしても上がらない場合は

クリアリングをやってみるのもいいかもしれません。
(スッキリ感があればできているし、「できた!」と思えていればそれでOK)

自分なりの方法でいいので
気分をアップさせてくれることに触れることです。

考え方を変えて
目線を変えてみたり

もちろん、自分に向き合って
心の中を調えるのもいいですが

思いっきり身体を動かして
汗をかいたり

いつもと違う所へ出かけて
気分を変えてみたりしてもいいかもしれません。


なぜ
波動にこだわるのか?

それが
自分の人生の質を上げる方法だから。


幸せになりたい、と望んだときに
「自分でできる努力」の方法のひとつだから。

そして
よろこびのスパイラルへの入口だから。

幸せはつかめる。
幸せをつくりだすこともできる。


幸せに生きている人は
幸せになるのが上手な人です(笑)

ただ待ってるだけではないのです。

自ら幸せになってもいいんです。
そのように暮らすことです(*^_^*)




posted by Kaoru at 20:07| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする