2017年03月01日

こころのお掃除のしかた

部屋の中は掃除するし
そのための道具もいろいろあるし
キレイになったと一目瞭然なので

成果もわかりやすいけれど

「心の中のお掃除」

となると

目に見えないし
どんなものが溜まっているのか気づかないときもあるし

そもそも
掃除(整理)のしかたがわからない

ということが多いと思います。
(形がないから)



心のお掃除のしかた@

感情的になった時が片付けのチャンス。
部屋の中は見れば掃除するタイミングがわかりますが

心の場合は
「感情」が教えてくれます。

何だか不快だ
何だかざわつく
イライラする

わかりやすいですね。

気持ちが動くとき

まずは

ラべリングしてあげることです。

私は怒っている
私は悲しんでいる
私は焦っている

そして、それでもいいのだとなだめてあげる。
いろんな感情を感じてもいいのだと認めてあげる。

ま、いっか。
そのうち落ち着くから。って。

それで少し落ち着けます。

余裕があれば、

なぜ怒っているのか、悲しいのか、焦るのか

エネルギーをたどってあげると

最初に行き当たるのは

たいてい
「誰か」や「何か」のせいです(笑)



けれど心の問題は自分が起こしているものなので


そのパッケージ(誰かや何かのせい)の
中身は何かを知ることが大切です。

フタをあけてみると

過去あのときこんなふうに繰返し扱われた(と思い込んでいること)
酷い目に遭った(と思い込んでいること)

たいてい
その、過去、自分が体験したことで
そのときに「愛されていない」
「こうすると嫌われる(怒られる)」と
自分で決めてしまって

パッケージと中身がちぐはぐになっているものが多いのです。

それらのことから
自分を守るために

自分を責めたり
誰かや何かを責めたりして

今でも反応していることが多いです。

中身とパッケージが違っているので

誰かにとっての「愛されている(あるいは普通のこと)」が
自分にとっては「愛されていない(攻撃・否定されている)」になっていたりする。

なので
問題が解決している(パッケージと中身が一致している)人の反応は
そうではありません。

反応しないし

自分に関係ないことには反応しないのと同じで
(興味がないこと・自分にとって重要ではないことはそんなに反応しないですよね)

「なんでそんなに反応するのかな?」くらいにしか思わない。
ひとのことを聞いても、へぇ〜、くらいにしか思わない、それと同じ感覚。

関係ないことではないから
反応する。

めっちゃ気にしてるから、反応する。

「なんでそんなに反応するの!」と糾弾するのもまた、
「反応している」ことになります(^_^;)

だから、「反応する」ことは、自分のこと。


そのリンクから離れてみると
(自分の感情は自分の責任と思うと)


ちょっとした「勘違い」(中身の入れ違い)だと気づき
もつれた糸がほどけるように

感情表現も普通になります。

いろんなことがよく見えてくるようになります。
いたずらに反応しなくなります。



心のお掃除しかたA

こうして自分の感情が整理できたら

クリーンに保つことも大切ですね。

誰かの言動を悪意に受け取らない

自分の心を汚さないようにすることも必要です。

誰かが泣いているときはそっとハンカチを差し出し

誰かが喜んでいるときは一緒に喜び

誰かが怒ったりして「反応」していても
怒らせといてあげる

機嫌がいいときだって、悪いときだってあります。

この世界には、あらゆるものが用意されています。

そのどれを使って自分を表現してもいいからです。

いろんな自分を体験してもいいからです。

だから、怒りたいときは、たまにくらいなら怒ってもいいよね、と温かく放置してあげる(笑)。

自分だって機嫌の悪いときもあります。
勝手に自分が怒っているだけなので、ほっといて欲しい。

誰かの怒りもほっといてあげて(笑)
怒る自由もあっていいよね、って(笑)

傍に居て一緒に機嫌悪くなるもよし、
離れて自分のことに集中するもよし。

自分は自分のことに時間をかける。
一緒に機嫌を悪くしていないで(まあ、そういう人を見るの聞くのも、不愉快は不愉快ですけどね)、
少し経てば機嫌もなおると思うので(笑)

「感情」は相手の問題。相手にお任せ。

自分の感情は自分で整理して、心の中をクリーンに。



心のお掃除のしかたB

キレイな状態が続いたら、
よりキレイに。


そのための方法は


明るい方、
善い方、
素敵な方、
楽しい方、
嬉しい方を向く。


少しでも何か感じたら
喜ぶ。

起こることは当たり前ではないと知り
感謝する。


これ、ホントによいものが集まってきます。
なぜなら、居心地がいいから(笑)

心がその状態に慣れると、
そうでない状態が落ち着かなくなります。

そして、

・・・そう、運がいい人は

みんなこの状態に慣れていて

やっぱり

居心地がいいところに集まるのです。


類は友を呼ぶとも言います(*^_^*)

心の中がクリーンな人の傍にいると、
清らかな風を感じます。
さっぱり爽やか。
あたたか。優しさや思いやりがしみこんでくる。


心の中のお掃除には

いろいろと(あなたにとっての)よいことがあります。

目に見えないけどね(*^_^*)

だから、心で感じて欲しい。

心で見つけて欲しい。
あなたにとっての、最善のものを。





posted by Kaoru at 12:59| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする