2017年02月08日

足るを知る

自分に合うものは何か

自分にとっての最良は何なのか

心地いいと

嬉しいと

感動すると

感じるものは何なのか


本当に望んでいるものが
これまで思っていたものとは違うものだったと気づくかもしれない。

魂からの望みは


すべてを失ってなお

自分の中に残っている。

なくそうとしても、なくせなかったもの、それは?


それが魂からの望み。

魂からの望みには「形」がない


目に見えるものではないから

見つけにくい


でも
それは最初から最後まで
あなたの中にずっとあるもの



「私はこうだ」

これは枠をつくってしまうこと


「知る」ということは時に

限界を設けてしまうこと


何だかしらないけど
よくわからないけど

すべてを知ることなんてできない

この状態が「無限の可能性」と繋がっていることなのかもしれません。


「ある」とは「ない」ではないこと

「どこにもない」ことが「すべてにある」ということ

だから大切なことは「目に見えない」、「取り出せない」


だからこそ、誰の心の中にも
在り続けることができるもの。



「知った」瞬間に
消えてなくなるもの

「無限大」


でも

たとえ目に見えなくても
感じることはできますよね。


でも、つかまえられないもの。


「なんとなく」や

「うまく言えないけど」や

「直感!」なものは

そこに触れています。



「それ」は
永遠に説明なんかできないようになっているし
形にもできないようになっている。


「取り出した」瞬間
それは「嘘(? 適切な言葉が思い浮かばない・・・なかったこと? ないもの?)」になってしまう。


「知った」瞬間
できる「枠」。

「決めた」瞬間
できる「限界」。


この世界で
多くの存在と調和するためには
規律正しく
マナーやルールを守って生きることも求められるけど
(そういう世界なんだから順応して 笑)


心はどこまでも自由に

見えないものとひとつになって

軽やかに生きていこう




posted by Kaoru at 08:12| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

あなたはあなたの世界を

DSC_0398.JPG
今朝の太陽のたくましいこと!

DSC_0400.JPG
そして空の爽やかなこと!

頼もしい光に癒されて。

気持ちよく一日が始まりました(*^_^*)


いろんなことのある世界ですが


あなたはあなたの世界を充実させることに
専念するといい


誰かのことを気にしたり
誰かと比べてシューンとなってるようなら


あなたはあなたがどうすれば
いかに輝けるのかを考える方がいい。

そちらに目を向けた方が

どれだけあなたの世界が
満ちてゆくかわからない。


あなたの世界が満ちれば

満ちた世界を持つ人と繋がる。


あなたが
自分の世界に
幸せを呼び込みたいのなら

それは
あなたが
いかに世界を愛せるかにかかっている




posted by Kaoru at 12:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

枠が外れるとき

誰かに決められた枠の中で
生きるなんてできない

自分は自分の生きたいように

誰かに与えられた枠が窮屈ならば
のびのびと生きられる世界を見つけよう

そこにエネルギーを運んで
(大切にして慈しんで愛して育てれば)
そこが自分の世界になっていく

たとえ前例がなくても

他に類を見なくても

個性(オリジナリティ)とはそういうもの

唯一無二の存在だから


自分自身に立ち返るとき
自分自身のいのちを生きるとき
他者の人生を生きることができないという意味において

参考になるものなどない

「あなた」はどこまでいっても「あなた」

あなたの中から生まれるものに光がある

それは人生をかけて体験し
気づいてゆくものなのかもしれない。




posted by Kaoru at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

意識の違い

同じ言葉でも

聞く側の意識がどこにあるかで

その意味はまったく違ってくる

たとえば
「私はひとに興味がありません」
という言葉に

ある人は
「なんてドライで冷たい人なんだ。そんなこと堂々と言うものじゃない」と言い

ある人は
ふと諒解する。
(自分がどう生きるのか、どう在るのかが大切であって、
他の人には他の人の生き方、在り方がある。
どう生きるかは個人によるので
究極は自分がどう在るかだけで
誰のせいでも何のせいでもない、
それぞれ違う、ということがわかっている)
ひとのことを気にしているより
自分のことをよく知る方がいいのだと。


意識が深く広く行き渡っている人の世界は
どんなふうに見えているのだろう。

真意をくみとり
静かに自分がやるべきことをやり続ける

もちろん広がった意識は
他者の心にも
優しくあたたかく染み渡って行くこともあるだろう。


あなたは
自分の心に
どんな世界を映したいだろうか




posted by Kaoru at 12:56| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

あなたのために、あなたのままで

何気ない言葉に
傷ついたり
救われたり


今は
会ったことがない人とでも言葉のやりとりができる。


でも
それで
あなたが害われたり満ちたりしているわけではない。

そのように感じることもあるかもしれないけれど

最初から最後まで
あなたはあなたのままで
輝いていて

投げかけられて
傷ついた言葉も

あなたを本当に知らない人に
あなたの何がわかるのだろう。


若いときは
自分を立て直したり
思い直したり
たくましくスルーしたりなんて
上手にできなくて
傷つきっぱなしのこともたくさんあると思う。

あなたの人生の
ほんの一部、一時を
外から見ただけで
外からの判断だけで
会って心の通った対話をしたわけではないのに

何がわかるのだろう


そんな一時の表面だけの言葉に傷つくことなどない。

その人は世界に映る自分を見ているに過ぎない。

誰しもが
あらゆるものを通して
自分を見ているに過ぎない

世の中にあふれている言葉に
傷つくことも
救われることもある

でもそれだけのこと

あなたの本質は
何も変わらないし
誰にも傷つけられない。

あなたは
あなたらしく

それでいい。

キツい言葉を投げかけられた瞬間はとても傷つくと思う。

けれど
そんなことをキッカケに

いのちを
自分を

粗末に扱ったりしないでほしい。

あなたの中には
「素晴らしい人生」も
「幸福な時間」も
ちゃんとパッキングされているから

それを見ないままにしないでほしい。


それでも生きて

あなたの素晴らしいところをたくさん使っていると
必ず生まれてきてよかったと思える日が来るから

人のことはその人自身にお任せして

自分の人生を生きよう

よりよく


真価はあなたの魂の美しさにある


自分の美しさを具現化するために
何をしよう?

それこそが
どんなこともプラスに変えてくれる不滅のエネルギー。

その美しさに共鳴する人が現れるから
楽しみに待ってて。

あなたがあなたのためにできること

自分の美しさ(善なる部分)を表現し続けること。




posted by Kaoru at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

わたしたちの国は

今日は節分で明日は立春。
季節の変わり目、節目です。

様々な文化が流れ込んできても
やわらかく受け入れて
上手にカスタマイズし
時には本家を超えて洗練させてしまう


「日本では全国民が美的感覚を持ち、庭園の庵や置き物、日用品、枝に止まる小鳥にも美を見出し、最下層の労働者さえ山水を愛で花を摘む」

アーネスト・フェノロサ
哲学者
アメリカの東洋美術史家




「私がどうしても滅びてほしくない民族があります。
それは日本人です。

あれほど古い文明を、そのまま今に伝えている民族は他にありません。

日本の近代における発展、それは大変目覚しいけれども、私にとっては何の不思議もないのです。

日本は、太古から文明を積み重ねてきたからこそ、明治になって急に欧米の文化を輸入しても発展したのです。

どの民族もこれだけの急な発展をするだけの資格はありません。

しかし日本にはその資格があります。
古くからの文明を積み上げてきたからこそ、その資格があるのです。

日本人は貧しい。しかし、高貴です。」

ポール・クローデル
劇作家
駐日フランス大使




敗戦が濃厚になった昭和18年、パリのある夜会でのスピーチ。

フランスにとっては敵国にあたる日本について語り

日本人について

滅びてほしくないと。

当時の状況から見ても
このような発言は本当に思っていなければ(いや、思っていたとしても)なかなかできないことのような気がします。

外国人の言葉から
古き良き日本の美しさが浮かんできます。


わたしたちは
そんな美しさを持っていた国に住んでいる。

その資質は受け継いでいるはず。

「庭園の庵や置き物、日用品、枝に止まる小鳥にも美を見出し、最下層の労働者さえ山水を愛で花を摘む」

こんなふうに生きられたらいいな。




posted by Kaoru at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

変わらない愛を

成長の過程で

あなたがこれまで愛した部分が薄れ行き

新しいところが開発され

これまでとは「違う」と
感じるようになるかもしれない

前の方がよかった、と。



距離が近くなり
親しくなったら

いろんな面が見えてきて

何だか「違う」と
感じるようになるかもしれない

前の方がよかった、と。


けれどそれは

お互いに成長の過程では
大切なことで

個人の本質が変わるわけではなく

いろんな表情を出しながら
いろんな世界を体験しているだけ

いわば衣更えのようなもの



あなたが愛したその人は
そこにいる


それでも
変わらぬ愛を

注いであげてほしい


時にそれが難しく感じられても




posted by Kaoru at 12:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

身体は私の声を聴いている

術後

落ちた体力を戻さねばと思い
(というか、筋力をつけたかった → 運動らしい運動をしたことがなかったので)
ジムに通い始めました(*^_^*)

(心疾患、循環器に問題のある方は、ちゃんと主治医に相談してくださいね)

私も事前に相談したのですが、
機械弁が入っているため、

「心拍数は120まで、血圧は110までが目安」
「動いたあとは、しっかりと休むこと」
とのことで、ゆるゆるとやっています。


身体を動かしているうちに気づいたのですが

私は脚力のなさをカバーするために、腰を使っていたのでした。
どうりで、へんなところに肉がつくわけです・・・(^_^;)
(退院後、まっさきに肉がついたのが、腰でした。おかしいな〜、ほとんど動かしていないのに・・・なんでここに?と不思議に思っていました)

腰もよく痛めていました。

それに気づいてから、動き方を意識的に変えました。
脚を使う、と意識します。
使う筋肉に意識を向けたまま(筋肉が鍛えられているイメージをしながら)動いていると、じんわり汗をかいてきます。

同じ動きでも、無意識にやっていると(ぼんやりしたまま惰性でやると)
上手に身体がサボるんですよね(^_^;)
(汗をかかない)

継続して動かしていると、その中で「いつもと違う」と気づくことがあるし、これまでにやったことがなかったことなので、やり始めてからもこれまでとの違いについて、いろいろと気づきがあります。

このことに気づいてから、
せめて運動中は
筋肉のことだけを考えようと思うようになりました。


これは、食事の時にも同じ事が言えました。

目の前の料理、素材に意識を向ける。

おなかのなかで
身体の栄養として
しっかり吸収され消化され「私」になっていく。

私の「健康」を維持していてくれる

そう意識しながら食事するようになりました。

ただ胃の中に流し込むのと
しっかり意識しながら食べるのとでは

違ってくるはず。


「何を食べるか」も大切かもしれませんが、

やはり
「おいしいね」と思いながら食べる姿勢の方が

大きく影響するような気がします。


身体は私の声を聴いている。


いつも、ありがとう。





posted by Kaoru at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする