2016年12月31日

心の師

どんな時も
明るくて
すぐに機嫌がなおって笑って
ず────っと動き回っている甥っ子(笑)


涸れないエネルギー

何度も立ち上がるエネルギー

オープンハート

自然体で
そうなのだから


もともとのエネルギーは
そういうものなのだろう



いよいよ
今年もあと数時間

いっぱいの感謝を込めて

そして
来年もよいお歳をお迎えくださいませ




posted by Kaoru at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

もういちど、その手で

最後の最後で
浮き彫りになったものを

出しきって
感じきって

生まれ変わろう

いつでも

再スタートできる
遅いなんてことはない

あなたならできる




posted by Kaoru at 20:41| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

残りの時間を深くあじわって。

DSC_0377.JPG


午前中は晴れ、
午後から雨が降ってきましたが

カラカラと窓を開けて掃除の仕上げができました。

クリスマスツリーを片付けたばかりなのに
もう飾りたい(笑)


年末・お正月感が

未だにないのですが・・・(^_^;)

この気持ちのまま歳が明けそうです


ちょっと変化をつけるために

年越しのための瞑想でもしましょうか(笑)



未来の自分に逢いに行きます。




posted by Kaoru at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

変化は進化

人はいつもいろいろな価値観を吸収している。

昨夜
「おお、キミはそういう答えを出したか、と思っていたら、次の瞬間にはひるがえっている。それもよし」
と書いてあるブログを読んでいた夢を見ました(笑)

変わらないものなどない

と私もそれを読んで感じていました。

変化の波に乗っていくから
先に進めるのかもしれない


誰に「矛盾している!」と言われようと

あなたのなかの変化の衝動を大切にしてほしい


あなたにとってそれは
矛盾ではないはず

根底ではつながっているはずだから。


だから進めるのだから。

本当に矛盾を抱えていたら、
自分では決められないし
進めない。



たくさんの価値観に触れながら

自分にとって
もっともしっくりくるもの
自分らしくいられるものが残されていく


あなたを構成しているものは

これまでのすべて



DSC_0387.JPG

朝の太陽

DSC_0389.JPG

夕方のピンクの雲




posted by Kaoru at 20:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

そしたら、また歩ける。

焦らなくてもいい。
すべては巧妙に絡み合って
それぞれの思惑もすべて抱きしめて

それでいて
お互いが関わり合い
誰も傷つかずにすむように

段取りされている。

迷ったときは
困ったときは

委ねてみよう。

信じて待ってみよう。

信じることさえしんどいときは
何もかもがつらくなるほど
がんばったのだから

時には神さまに丸投げしてみるのさ。





posted by Kaoru at 12:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

年末の過ごし方

師走も大詰めです。
大掃除に向けて部分的に少しずつ掃除を始めたり
時間をつくって
未来のビジョンを描いたりしていました。

年越しの準備がピークに向かっていきます。
新年を迎える儀式の始まりです(笑)
いろんなところにいろんな意味がこめられているお正月飾り。
おせち料理。
お正月だけでなく、1年を通してさまざまな儀式があります。

日本の習慣には
あらゆるところに祈りと神が及んでいます。


思いや心をこめると

身の周りが
こんなにも違ってきます。

お料理はおいしくなるし
家は空気が変わるし

心を込めたものなにもかもがイキイキしてきます。
そして、それは誰かを
癒したり
元気づけたり
健康にしたりします。


満ちる

いつもこの時期には
日常生活を通して
心の大掃除もしているようです。

雨が大地に染みこみ
豊かな地下水となるように

あなたの心にも
あなたを潤してくれる愛が満ちますように。





posted by Kaoru at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

天使

子供は大人の様子をよく見ていて

敏感に反応する。

一瞬で愛の空間にできる。


「みんな、だーい好き」
と表現することで。

この完璧な反応はなんだろう。

思い起こせば
子供の頃

こういう雰囲気が好き

というのは
あった気がする。

これ、だーい好き、というのもあった。

そう言って
笑ってもらうのが嬉しかった

目の前のことに上機嫌で
自分では
そんなに好きでもないのに
だーい好き
って言ってた。
二歳か三歳で。


ただ「みんな仲良し」が好きだった

その方が安心した


子供にとって自分がいる空間は
自分が生きている空間。

その場の空気が不穏なのは

自分にとっては死活問題。
おおげさでなく。

だから本能的に
守ろうとする。


生まれたときは
誰もが

無垢な存在で

もう忘れているかもしれないけど

柔らかい心を持ってた


毎日がキラキラしてた

まっすぐ
親を見てた
「受け止めてくれる」のが当たり前で
飛び込めた


いつからだろう
怖くなったのは

飛び込めなくなったのは


それは
いつか
自分が受け止めなければいけないから

怖さを知って
飛び込めなくなって

もう一度
飛び込めるんだよと
いいんだよと
教えなければいけないから

もういちど
チャレンジするために


天使は何度でも
やってきてくれる

自分が思う
愛の形を表現できればいい

子供が教えてくれる


DSC_0384.JPG


DSC_0379.JPG

今日の昼間に見えた虹



posted by Kaoru at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

子供と動物と写真と私

子供や、仔猫・仔犬などの動物は

カメラを向けても「どう撮られるか」など気にしない

カメラ(人の目)を意識した時に
サッと身にまとうもの

それはあなたの思う「こう見られたい」の後付け
あるいは「こう見られたくない」という恐れからくる真逆の行動

もちろん、それを意識していてもいいけれど

そこで生じるギャップが
人生をこじらせてしまうこともある

そんなときは

生まれたままの、自分に還ってみよう


本当の自分を抑え続けると
本当の自分の気持ちを見失ってしまうけど

ひとりでいるときの自分と
人の中にいるときの自分のギャップを感じてみよう

何を手放せばいいか見えてくることもあるから


子供みたいに
思いっきりワガママに

「本当はこうしてほしいんだ!」
「こう思ってほしいんだ!」

を見つけてみよう

仮面がなくても
そのままを受け入れてくれる人はいるし

案外、「仮面」も「本来」も
ひとはそんなに気にしていないこともある

いや

わかっている人は気にしない

ナチュラルな人は相手のナチュラルをそのまま見つめる

必要以上に大きく見せることも
よく見せることもない

そのままで大丈夫なの、本当は。

それをわかっている人は
自分が思うよりたくさんいるよ




posted by Kaoru at 15:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

いつも、この季節には。

クリスマスの頃は
周りがいつも楽しそう

なにをあげようかな〜(*^_^*)
と、雑貨やさんを散策するのがたまらなく楽しく( ´艸`)

いつも早めに決まってしまう私です(笑)


甥っ子がいつも
「わーい、わーい」と、
絵にかいたように喜んでくれるので(笑)

ホッコリしている大人たちです(笑)


ありがとう。
幸せな気持ちにしてくれて、ありがとう(*^_^*)

私もそんな人になれるように
励みますね。




posted by Kaoru at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

心やすらかに

長い教師生活を送り、校長を勤めあげ、退職後も教育に関わり、さらに卓球教室もと、精力的に活動なさっている先生から、一枚の紙をもらいました。


そこには、こんなことが書いてありました。

「笑いがガン細胞を退治してくれるナチュラルキラー細胞を活性化させ、心身の免疫作用を強化する。
ある実験では、19名のボランティアの協力のもと、漫才、喜劇などを見て三時間ほども、笑ってもらったそうです。

笑う前と後の血液を調べたところ、笑った後では明らかにNK細胞の働きが活発になっていることがわかりました。
しかも、笑うことによってNK細胞が活性化する速度は注射で免疫機能を活性化させるよりも遥かに早かったそうですから、笑いがいかに人の健康にとって大切かを示しています。

また、日常生活でほとんど笑わない高齢者は、笑う高齢者よりも脳卒中の割合が高いことも、東京大学などの調査でわかってきたそうです。
健康だけでなく、苦境などを跳ね返す力は、笑うことによって生まれることが、スポーツの世界などでも証明されつつあります。
本当の強さとは、失敗をしても挫折しても、淡々とニコニコと生きていくことなのかもしれません。」


いただいたものなので、出典はわかりません。
でも、「笑い」が身体に良いと言われはじめてからけっこう経ちますが

ガン病棟で
「病室にパッと入った時に笑顔があるような明るい部屋の患者さんは治ることが多く、部屋に入った時に泣いたり、落ち込んだりして暗い感じの部屋の患者さんは亡くなることが多い」

そんな話も思い出しました。

自分の健康を保つには
自分の心の持ち方も大切な要因のひとつなのだと
感じています。


笑顔や優しさを
イライラしながら見ている人は、

自分の中にだいぶ怒りがたまっているのかもしれない。

それを放っておけない
過剰に反応してしまう
批判的になってしまう


ムリヤリ笑顔でいたりするから
「笑顔」をまっすぐ見れないし受け取れない


重なり溜まるストレス
息つくヒマもない

でもどうか
どこかで

一息ついて
自分のための時間をとってほしい。

あなたが誰かの笑顔に
屈折した思いでなく
そのまま普通に
喜びを見出だせるように




posted by Kaoru at 08:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする