2016年05月31日

さかさま

葬儀では「逆さごと」と言って、
なんでも逆のことをするのだそうです。

通常とは逆に行う作法のことを言うのだそうですが、

(たとえば衣装・着物は左前に着せる、帯の結びもこま結びを縦に結ぶ「縦結び」にする、屏風を逆さまに立てる、掛け布団も逆さにして裾を顔のほうにもってくる、水にお湯を足す、など)

日常とは全く逆の方法なので、通常はこのような逆作法は忌み嫌われます。

昔から死者の世界はこの世とは別の世界であり、全てが逆さまになっていると考えられてきて、
全てが逆さまであることから、人が亡くなると作法も通常とは逆に行うようするのだそうです。

(葬儀は非日常的な儀式であるため、作法を逆に行うことで生の領域と死の領域を分け隔てて、生の領域を守るお守り的な演出でもあるとも言われているそうです)


「死ぬ」をさかさまにすると

「生まれる」

向こうがわに「生まれ変わる」


肉体を持っていたレベルから別次元に生まれる

「還る」とも表現されます。


赤ちゃんが生まれてくるときは逆さまなように

向こうに生まれるとして何でも逆さまにするのかな。

永遠のいのちを繋ぐ儀式のようにも

祈りのようにも思えて


菩薩道、お疲れさまでした、と共に
送るものの気持ちや
生まれる・生きる・死ぬ

を思うと切なくなるのでした。




posted by Kaoru at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

いためつけられても

突然の大雪で傷んだ梅の枝。

枝が折れる前は、家の前の道の上に
トンネルのように枝を広げ、涼やかな木陰をつくってくれていて

そこを通るのも眺めるのもお気に入りでした。


折れた枝は

切らなきゃと思いつつ、そのままになっていたのですが

折れた先からたくさんの実をつけました。

折れなかった健常な枝よりも、
折れた先についた実の方が数が圧倒的に多い。


生命は傷つくと
自然にこれまで以上に
種を残そうと補填するのかもしれない。

骨も折れたところは今まで以上に強くなると、誰かから聞いたことがあるけれど

傷が強くしてくれるものもあるのかもしれない。

治そうとすることで活性化するのかもしれない。

人を強くしてくれるのも逆境なのかもしれない。



誰もがどこかしらに持っている「傷」


それはあなたを強く美しくしてくれる




posted by Kaoru at 17:46| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

だから頑張れた

相手の全身全霊を受けて(感じて)

優しさに触れて

「よくなってほしい」というご厚意に触れて

自分にできる精一杯のことをいただいて


だから頑張れた。

相手の頑張りに報いたいと思ったから。

そして、喜んでもらえるのが嬉しかったから。


だから頑張れた。

人生の中で困難に立ち向かうとき
天はそこに救い手を置いてくれている。

自分にぴったりの人をものを状況を

自分が頑張れるように


相手の期待に応えるって、時にプレッシャーのように思えたり
応えるのも大変に思えたりするときがあったりもするけど

でも同時に

だから頑張れるときもある。

きつくてもつらくても

応援の心があるから

それを糧に頑張れる。


自分のためだけだと
そんなに頑張れなかったかもしれない。


でも、いろんな形で支えていただいて
(形になるものも、ならないものも、目に見えないものも、見えるものも)

あたたかいお気持ちに触れて

私もみなさんのように実際的に役に立つ人間になりたいと思った。

もっと力をつけて
器を広げて

私がいちばん得意なことは何だろう?


私にとって今は自分を育てるとき。

コツコツと地道に鍛え上げるとき。

自分を創りなおすとき。

人生、入れ替えのとき(笑)




posted by Kaoru at 10:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

しみじみと、幸せ゜+。(*′∇`)。+゜

星がとても綺麗に見えています。

そらに思いを馳せます。

はてしない空間に夢はふくらみます。

澄んだ空気をいっぱいに吸って

心地よさに委ねます。


ん〜。


生命力がなだれこんでくる!


(ただいま妄想中 笑)


ささやかな幸福を見つけられますように
それを大切にできる心でありますように

豊かな心で過ごせますように

あなたにも




posted by Kaoru at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

思いは死をも超える

生きていると

目に見えない何か大きな力が働いている



感じざるを得ないことがあったりして


絆の強さ

想いの強さ

それは

身体や

現実

目に見えるものを超えて

死をも超えて

その存在を知らしめてくれる


精一杯、誠実に

自分の人生に向き合っていれば

必ず

サポートは入る

それに気づく


どうしようもなくなったときに祈るのは


何か大きな力を召喚するため


奇跡を呼ぶため


大切なものを守りたいから




posted by Kaoru at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

ありがたくて涙が出る

自分の人生に必要なものは、必ずもたらされる。
与えられる。

手に入るようになっている。

困った時には、必ず助けてくれる人が現れる。

本当に、ありがたくて涙が出ます。

心の底から感謝の念がわいてきます。

人にも恵まれるし。
環境にも。

こんなに幸せなことってない。


感謝の気持ちは素直に伝えよう。
だって、それくらいしかできることがない。

店先での親切、その時しか逢わないかもしれないのに。

気の効いた接客、感動に値する。


私も。
いただいた親切を、誰かに贈ろう。

どこでも。

どんな、形でも。

素直に。

嬉しかった時は、その通りに言おう。

素晴らしいものに触れた時は、感動を伝えよう。

その時すぐにできる、最大のお礼だから。


ありがとう、みなさん。
名も知らぬ方々。

たった1度だけ触れあった心。

満足に返せなかった方も中にはいるけれど、他の誰かにそれをお返ししよう。

ひとすじの光のように、不意に現れて親切にしてくださったみなさま。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。


心から、感謝します。




posted by Kaoru at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

若さの秘訣

これ、女子には興味深い話題ではないでしょうか?(笑)

お友達が貸してくださった本に、「男はプライドに金をかけ、女は美に金をかける」と書いてありました(笑)

男性は、経済力や社会的立場など、社会的なもので評価されるので、プライドにお金をかけるのだとか。

ということは、女性は美しさで評価されるってことですよね(苦笑)

ま、その話の真偽はともかく、やっぱり美しくあれるのであれば、ありたいもの。

私がたどりついたところは、「自分の中に嫌なものを溜めない」です。

嫌なもの・・・

ストレス
不満
我慢
負の感情

などなど?

「自分の中」

には

「心」も「身体」も入ります

食べ物にもある程度は気を遣った方がいいのかな〜と、この年になってようやく思うようになりました。

ある方と、微生物(を利用する農法)や漢方のお話になりまして。

健康法みたいなお話にも触れたのですが

微生物を取り扱っている方が、健康にこだわって、口に入れるものにも徹底的にこだわり気を遣い、さらには老廃物を外に出し、浄化にも徹底的にこだわり、身体に触れるものにも徹底的にこだわり、そんな生活を続けていました。

そこまですれば、どんなにキレイになるかと思うでしょう?

しかし、結果は、それでも身体の中の不純物はなくならないのだそうです。

なぜなら、空気中にもいろんなものは混じっているし、完全にキレイな食材だけを探すのにも限界があるからだそうです。

それでも、食事に気をつける、老廃物・不純物を身体の外に出すなど、やらないよりはやる方がましでしょう。


その話を聞いて、私が思い至ったのは

好きなもの食べて好きなように生きる」でした(笑)

どれだけ食べ物やデトックスにこだわっても、キリがない。

完全にシャットアウトなんか、できない。

あれは良くない、これも良くない、と思いながら食べたり、
これは身体にいいから、と好きだと感じられないのに無理矢理食べたりするよりは、

なんでも美味しいと食べる方がよっぽどいい。

もともと自然治癒力や自浄力は持っている。
身体に何か入り込んでも、ちゃんと不要なものは体外に排出されるようになっている。

入れない努力は素敵です。

でも、キリがない。
そして完璧にはできない。

だったら、自然治癒力と自浄力をあげる方がいいのではないか?

そのためにできること

まずはストレスを溜めない

言いたいことを言い、やりたいことをやる。
(人道に外れないことなら何でもOK)

あとは、適度な運動とバランスのよい食事。

それもガッツリキュウキュウにやるのではなくて(やってもいいけど)、自分にできる範囲で。やれるところから。

それで変化を楽しめれば、どんどんやりたくなってくる。あとは、それに任せればいい。

食べ物は、野菜7:肉3を目安に食事を楽しむ。
ゆっくりたくさん噛む(噛みすぎは逆効果。歯がすり減るトラブルあり。ゆっくり味わって口の中で味が変わったら飲み込む、あるいは、自然になくなったらそれでいい)。
発酵食品を積極的に摂る(腸内環境を改善し、善玉菌を増やすのね)。

たくさん歩く
身体は動かすようにできている。
動かせば、正常に機能するようになっている。働くとバランスするようにできているのです。

たくさんの新鮮な空気を吸う
(たくさんの空気を吸うだけでも、細胞が満ち足りれば、自然に前向きになってきて、不平不満が減ってくる生き方へとシフトしてきます。そして自然に必要なものが集まってくるようになります)

他は自分でやりたいと思うことを試してみる

自分でやれそうだと思うことの組みあわせでもいい


自分に合うものは、自分がわかります。

(たとえば、私の場合。飽きっぽくて三日坊主。でも、続けられるものもある。私にとっては、続けられるものが合っているもの。のように)


やっているうちに、身軽になって、タイミングも良くなっていることに気づきます。


そうなると、ますますタイミングをよくしてくれるところと繋がっていきます。



心身(エネルギー体も)が整うと、人生全般も調うんです。




posted by Kaoru at 12:39| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

任せて大丈夫

ふと欲しいと思ったものが

いただいたり
お店で見つけたり

何らかの形でやってきてくれる

思わぬわりと大きな臨時収入が続いたり


ホントに感謝します〜

と、自然にあふれる気持ち。

そんなふうに自然にあふれる望み。


どうしよ、これ、必要だな、と思うと

それがもたらされるありがたさ。
必要な分だけがちゃんと。


特に何か儀式(笑)をしたわけではないのですが

心底、なるようになる(必要なことは起こる)んだなぁ、と悟って以来

いい意味で諦め、先を心配しなくなり、期待もしなくなると

とってもタイミングがいいみたい。


空っぽの方が、身軽だからエネルギーも軽やかになるのかな。

それとも空いたスペースには入るようになっているってことかな。

どっちでもいいけど

やっぱり頭の中は空っぽだ(笑)



どうしよ、と思うこともありますよ。
でも、次の瞬間には、大丈夫な気しかしない。

どうしよ、と思うこともありますよ。
でも、放っておくと、どうにかなっている。

どうしよ、と思うこともありますよ。
でも、しっくりこなかったり、嫌な感じが抜けないときは、自然にそれはダメになる。
(嫌な感じといっても、嫌悪感とかではなく、モヤモヤっとしてる感じだったり、あれ? おかしいな、うまく進まない、みたいな、何で?という感じだったり、いろいろ)


結局、どうにかなっている(笑)


大丈夫なはずなんだ。
誰でも。

ちょっと困ったことも、ガッツリ取り組んでみると、何とかなる。

対処のしかたはいろいろだけど、

基本、大丈夫なはずなんだ。

で。今日を楽しもう




posted by Kaoru at 12:53| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

星はめぐる

春夏秋冬
星はめぐる

季節は移り変わる

星はそれぞれに固有の周波数を放っていて
なおかつ、固有のエネルギーを持つサインを駆け抜ける

そのように揺さぶられ
あらゆる体験をしながら

わたしたちは学んでいる

すべてを体験して
なお螺旋のように次のステージを一通り体験する
その繰り返し

そうやって
わたしたちは学びを深める

学びは深まると
最早
体験によって振り回されるということがなくなってくる

「体験」そのものがなくなるわけではない

「体験」を受け止める心が変わってくるのです

そうなると

自分を取り囲んでいる世界も変わってきます。

自分の中に「問題」はないから
「問題」としては存在しなくなる。


それでも起こることは起こる。

揺さぶりさえも楽しめれば最強(笑)


星はめぐり、周期の短いものは、短期間ですべてのサインが持つ要素を体験するので
私は○○座と認識しつつも、

本当はそこに区分けなどなく・・・

どれも何となく当てはまる感じがあるはず。

だけど、全く同じかというとそうでもなくて

やはり「個性(個による違い)」はあって

どこかが強調されていたりそうでなかったりする。

苦手意識や試練として感じることも

自分が辛かったからこそ、何とかしたくて気がついたらその道のスペシャリストになっていた、ということもあったりして・・・
(コンプレックスに思っていたことがあったけど、何とかしようとしているうちに、いつの間にかそれを教えるようになった、とか)

そこに強調がなければ、自分もそこまでこだわらなかったはずのこと。
また、自分にふりかかるものだから、自分でも必死でそれを何とかしようとする。
痛い目に遭えば、反省して訓練したりもする。

だから、苦手分野や、辛かったこと、苦しかったことなどは、「あえての偏り」と私は呼んでいます。

本来の輝きを放つための、あえてのプレッシャー。

試練は克服できる。

「光を外に放つ」ために
あえて「闇に包まれてみる」

光を放つ、ということをするためには、
まず、その反対のことをする必要がある。

「夢を叶える」ためには、
「叶っていない自分」にならないと、「叶える」ことができない。

行きたい所があるのなら、「そこにいない自分」がいないといけない。

「自分を知る」ために、「自分を知らない自分」がいないといけない。



「知らない」と思っているから、「知りたくなる」


こうして、旅は続く(笑)




いつでも、望めば、たどり着いていると、知ることもできるのだよ(*^_^*)




posted by Kaoru at 12:10| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

「なぜかこうしたい」という衝動

なんて気持ちのいい朝。

気持ちのいい季節でしょう。

太陽は双子座へ移動したばかり

昨日はウエサク祭(五月満月祭)
(祭典としては、これまで
第一部 地鏡浄業(きよめ)
第二部 月華精進(はげみ)
第三部 暁天明覚(めざめ)
の三部構成で行われていましたが、最近は参加者が多くなってきたため、全一部構成に変わってきているそうです)

本日は射手座の満月(6:14)
そして水星逆行終了(21:59)


少々静かな時間をとってみようと思います。


6月5日は双子座の新月
6月20日はふたたび射手座の満月
そして翌日は夏至

パワフルなエネルギーに満ちます。


漂う空気感に感じるもの

その中にあるたくさんの情報

空っぽになると入ってくるもの(そこに映るもの)

共振するもの


多少自分が鈍くても(笑)
大切なことは

あ。
受け取ってた。

と、気づかせてくれる。

何気なく見てたものでも、その時深く考えていなくても、印象には残ってて、
そういえば、あれのことか、と気づかせてくれる。

・・・とここまで書いていたら(同時に見ていたものを思い出し)
魂が急に振動数を上げ・・・

「ワクワク」

してきた。


先で待っている


私にとっての喜ばしいことが


キッカケは秋。


とぎれとぎれにキャッチするもの。


パズルのピースのひとつひとつを集めているように


全体像が見えるようになるのが楽しみです(*^_^*)


その時、自分ではダメだ、と思っていても、別の人からすれば、全然ダメなんてことはなくて(でも、自分はそれを知る由もないのだけれど)
思わぬ形で進行していることもある。


そして、気づく。


すべて、完璧だった、って。


思ったまんま、そのまんまで。

なぜかこうしたい、に素直になるだけで。


周りからは考えているように思われても、自分では、そんなに頭を使っている感じはなくて(笑)


言葉ではいくらでも説明はできるけれど。


理由ももういらないし

生まれてくるから生むだけ

そのサイクルに慣れると

ますます言葉が減って。

言葉の要らないところで繋がって

起こるのは必然。



心地いいリズムに乗っています。

春の心地よさも充分に味わっています。


心地よさを感じるように
いろんなものを感じる

全部同じことです。

今、何かしらで心地よさを感じることができるのなら、

あなたは、他のいろんなものをも感じることができます。
使うところは同じです。

なぜかこうしたい、

なんでかこう思う

それも立派なインスピレーション。




posted by Kaoru at 06:22| Comment(0) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする