2011年02月28日

咲く

まっすぐ素直に

思いのままに

光を多く取り入れようと伸びたい方に葉を伸ばす花のように

素直に咲きたい


人との関係の中で、気を遣う、遠慮するという何気ない行為でさえが流れをとめる障壁となりうることがある。思いきって受取ってみると、案外相手にとってもそれが必要だったということもあったりする。何より、誰かに「ありがとう」と言って喜んでもらえるという体験ができる。遠慮する、というのは、自分の勝手な思い込みでしかなく、逆に相手の喜びの体験の機会を潰していることにもなるのかもしれない。
それで「遠慮を知らないやつだな(図々しいというニュアンス)」と思うようなタイプの人は、その「与える・受取る」のバランスの中に、絶妙のタイミングと、需要と供給と、素敵なエネルギーの交換があるということを知らないのかもしれない。

あるいは勝手に「そう思われるのでは」という不安から、勝手に遠慮する。
控えめが美徳という日本人の刷り込みによって。

でも、それで流れが止まってしまうこともあるのだという可能性に、今更ながら気が付きました。

与えられたものをありがたく受取るだけで、せっかく素晴らしい方へと展開してゆくかもしれないのに。

自分の目の前に現れたものは、自分に対して差し出されたものは、その姿を現した時点で、すでに「受取る」ことを許されているから現れてくれるのかもしれない・・・

それで図々しいと敬遠されるのなら、それはそれで離れた方がいいのかもしれない。
というか、無理しなくても自然に離れます。

つい「悪いかな」と思って、なかなか受取り上手にはなれないけれど・・・


大好きな詩があります。ほっとします。


『生命は』 吉野弘

生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃(そろ)っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする
生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も あるとき
誰かのための虻だったろう

あなたも あるとき
私のための風だったかもしれない


posted by Kaoru at 22:41| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

おひなさま

私が生まれて10か月の時に来たお雛様です。

hina.gif

それから30とン年、母は欠かさず毎年出してくれています。

今年数年ぶりに、手伝いました(いつも家にいなかったので・・・)。

年頃だった頃は、「行き遅れると悪いから」といって、3日を過ぎると早々に片づけてくれていたのですが(お雛様を片づけるのが遅くなると、お嫁に行くのが遅くなるのだそうです。だらりと出しっぱなしでだらしないのは、日常生活でもだらしないだろうから、自然とそこは見抜かれて貰い手がないよ、ということでしょうか)、娘ふたりが年を重ねるごとに、段々ルーズに・・・

「え?! まだ片づけてないの?!」という年もありました・・・

今年とうとう、母が「もうお雛様、どっかに寄贈しちゃおうか?!」と言い出しました。

「えー! ダメ!!」

「だってふたりとももうお嫁にいかないもん」


・・・オイっむかっ(怒り)


すっかり諦めモードですわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
出したり片づけたりが、段々めんどうになってきたようです。
・・・とか言いつつ、結局、毎年出してくれる母でした。
しかし、お雛様って、いつまで飾るモノなんでしょう?
お嫁に行ったら、このお雛様はどうなるんだろう? (カワ算)

これまで大切にしてくれていたので、お雛様は30とン年たった今でもとても状態がよく、とても綺麗ですぴかぴか(新しい)
大切にしてくれて、ありがとう。


まあ見ていなさいよ。そのうち竹野内豊つれてくるから(爆)


posted by Kaoru at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

喜怒哀楽

以前知人が、

「もう感動する事もあまりなくなった・・・涙が出ることもないよ。年のせいだろうか」
と、寂しそうに(私には見えたのですが)小さく微笑みながらつぶやいた事がありました。

私は、その方の、これまでの人生の一部を知っていたので、瞬間的に「喜怒哀楽のうちのどれかひとつでも抑えると、他の感情まで一緒に隠れてしまうのですよ」と思ったのですが、言葉にはできませんでした。おそらくは、私の想像を遥かに超えるであろうその方の深い悲しみを前にして、言葉に詰まったのです。

「いろいろな事があって(個人のことなので、詳しくは書けないのですが)、自分に幸せになる事を禁じた」のだと言っておられた事を思い出しました。

それらの事があって(そして、現在の環境も)のことだったので、私には、その方が、それでご自身のバランスをとっているようにも見えたのです。長い時間をかけて。今のバランスに。

そのバランスを崩してしまいそうな気がして、言えなかった、ということもあります。

ずいぶん年が上の方だったので、当時20代そこそこの小娘が何だか生意気な事を言うようにも思えて、言えなかったということもあります。

その方は何年か前に亡くなったのですが、今でも時々思いだすのです。

あの時、正直に言っていたら、何か変わっただろうか?
思いきって言えばよかったかもしれない。

もっといろいろな話をしてみたかった。

いや、でも当時の私には、それが精いっぱいだった・・・


けれど、今の私は、やっぱり、「表現された方がいい」と思うのです・・・
その方が、「痛い」こともあるけれど・・・


posted by Kaoru at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

深く刺さった棘がありました。

刺さった瞬間とそれからしばらくは、自分の心が痛んでいるのを感じていました。

でも、その後、いつまでも痛いのは嫌なので、ずっと打ち消していました。
言われた事は気にせずに、自分の感じる事を大切にしようと、言い聞かせました。

でも、私がやっていたことは、ただ目をそらしていただけで、棘を抜いたわけではありませんでした。自分で抜けませんでした。いろいろやってみたけど、結局、抜き方がわからなかった。

でも、Hさんにその棘を抜いてもらった時、初めて「棘」の存在をはっきり確かめ、その深さまでをもありありと感じたのです。

やっぱり、ずっと気にしていたのです。
ただ抑え込んでいただけだったので、それは成長し、体調不良としても姿を現しました。
気持ちがトゲトゲしてきて、言葉もトゲトゲしてきます(T_T)
抑えてる(隠してる)つもりでも、やっぱりどうしようもなく外に漏れてしまうものですあせあせ(飛び散る汗)

「思いの力」の強さにも、改めて気付かされました。・・・特に、私のはガンコですあせあせ(飛び散る汗)
いい方に働くと、素晴らしく輝くのに、悪い方に働くと、自滅爆弾
良くも悪くも「思い」は強く働き、現実にも影響を及ぼします。

私は、それがよくないと知っていて、どうすることもできなかった・・・
「もう痛くない、大丈夫」と思いこもうとした。
いつもの良くないパターンです・・・

・・・反抗期の子供みたいあせあせ(飛び散る汗)

いいこになってほしいと、コントロールしようとすればするほど、思い通りにいかなくなる。
「そういう気持ちもあったよね」と認めて、そっと寄り添うと、おとなしくなる。

嫌だと思って避ければ避けるほど、強く寄ってくる。
「嫌だ」と思う事、「起きてほしくない」と強く思う事は、その事に強くフォーカスしているのと同じ状態なのですね。だから、結局、同じようなことを引き寄せてしまう。

その状態も認めて受け入れると、「嫌だと思う自分すら許す」、「ああ、やっぱり、傷ついていたんだね、よしよし、痛かったね」って思うと、痛みが静かに溶けていく。

自分にとっては、自分が感じることが自分の真実。

自分の人生は「自分の魂が意図してきた」人生。
人の考えは、その人のものでしかない。
自分のエネルギーと時間は、自分のために使う。
自分の歩いてきた道が、いずれは誰かにもマッチすることがある。

そのための地図を書こう。


「あるがままの自分を感じる」って、大切(しみじみ)。

ネガティブと思うものでも、排除するのじゃなく、認めて許してあげるとバランスがとれる。
ネガティブというと、ついつい「無くさなければいけないもの」「思ってはいけないもの」と思いがちですが、ネガ・ポジ両方入り混じってバランスがとれるのかも。

いいんだよ。

どんな気持ちがわいてきたって。
自分でそれをどんなに汚いと思っていても。

「ああ、卑劣な事思っているなぁ」「今、すっごい怒っているなぁ」「泣きたいくらい悲しいなぁ」

も、

「素晴らしいなぁ」「嬉しいなぁ」「楽しいなぁ」と同じくらい認めて感じれば自分の内側でバランスがとれる。

すると、心と身体が軽くなる。

軽くなれば、All OKハートたち(複数ハート)

きっと、そうやって解放し続けていけば、完全にバランスがとれて、ポジティブであろうとする必要もなくなるのでしょうね。心は「絶対」だから。ネガティブでもポジティブでもない。

「絶対」


次はもっとうまく自分を大切にできるかな・・・


posted by Kaoru at 12:07| Comment(0) | コトダマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

寝顔

安心しきって寝ている姿猫を見ると、つくづく「平和だなあぴかぴか(新しい)」と思います。

その中にいると、あたりまえになってしまって気付きにくくなってしまうものだけれど、身の周りのものは、いつも何かを教えてくれる。常に語りかけてくれている。

こちらがそれに気付けば、絆はどんどん深まっていく。

あまりにも長く「繋がり」から離れてしまっていて、「繋がれる」ことさえ忘れていると、やっぱりなにかバランスが崩れるんだなぁ・・・

「気付く」瞬間、どれだけ渇いていたかその深さに気付く。
どれだけ傷ついていたか、その深さにも。
どれだけ放置してきたか。

「気付かない」って、こわいですね。
目をそむけていると、どんどん枯れていくのに気付かない。

でも、「気付く」のも、難しい・・・
自分では、「気付いてる」と思っているから。痛いのに、「痛くない」って思っているから。
「これくらい、大丈夫」って思ってるから。

ポジティブシンキングが裏目に出たと言えますあせあせ(飛び散る汗)


雑多な日常の中でも、仕事に追われている短い時間でも、悲鳴をあげている自分に気付いてあげられる方法って、ないのかな・・・


posted by Kaoru at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

恵みの光

お天気のいい日が続いています。晴れ

あまりにも、朝陽に照らされる樅の木(どこかから飛んできて、ウチの庭につきました。すくすく成長しています)が美しく思わず写真を撮りました。

でも、やっぱり写真ではなかなか伝えきれない・・・

110222_075328.gif

本物は、もっともっと綺麗でした。
神秘的と言っても過言ではないくらいぴかぴか(新しい)

よくウチに来てくれたね・・・
2.5mくらいの高さの、形も綺麗な、お気に入りの一本です。


posted by Kaoru at 18:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

夕陽

今日の夕陽がめっちゃ綺麗でしたぴかぴか(新しい)

ここ寺泊は、夕陽が綺麗に見えるスポットとして結構知られているようです。

県外に出ていた事もあるのですが、実家に帰ってきて、やっぱりここの夕陽は違う!としみじみ思いました。

そのうち写真を撮りに行こうるんるん

シーサイドラインをドライブしたのですが、今日何人か、撮影している人、いました。

いいなあ。夕陽。


posted by Kaoru at 19:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

快晴

雲ひとつない、スッキリした青い空!

陽の光に強さが出てきました。

雪解け水で、小川の水量が少し増しています。

こうしてまじまじと小川をのぞいたのは、どれくらいぶりだろう・・・

小学生以来かもしれない・・・

おたまじゃくしやめだかの姿はまだありません。

カワニナ(黒い巻貝。蛍の幼虫の餌になります)もすっかりいなくなっちゃったなー。

どっさりいたのに・・・

つくしもまだ出ていないようです。

春まで、もうちょっと・・・かな。風もまだ少し冷たい。

でも、天気がいいのは、気持ちがいいですね晴れぴかぴか(新しい)


posted by Kaoru at 15:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

体力作り

今日もとっても天気いいです晴れ

久々に歩いてこようかなぁぴかぴか(新しい)

簡単に筋肉つく方法ないかなぁ

脂肪は簡単につきますが・・・

春の大地のエネルギーを存分に吸い込んでこようるんるん


posted by Kaoru at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

朝の雪あがって晴れ

春の匂いが漂うようになりましたかわいい

寒さも心なしか和らいだように思います。

もうすぐそこですぴかぴか(新しい)


posted by Kaoru at 18:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする